上司4

会社を設立したいんだが、どうすればいいのかな

部下A2

会社設立には、特別な資格は必要ありません
しかし定款の作成は少し専門的な知識が必要なので、行政書士事務所で依頼するとスムーズです

 

・法人登記(法務局板橋出張所)
株式会社○○など、設立登記が必要
定款の作成・資本金の設定・役員設定(一人だけなら自分が代表取締役)
作成方法など分からない場合や、綺麗に作成したいならば行政書士の事務所に依頼しよう(法務局そばに非常に多くある)
定款は、あらかじめ公証役場での手続きが必要

・給与支払事務所等の開設届出書(板橋税務署に提出)
従業員(正社員やアルバイト)を雇い給料を支払う場合には、事前に提出する事
この提出があると、税務署より源泉徴収関連の書類が郵送で届くようになる
あくまで1人で経営の場合には、提出しなくてOK

・源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書(板橋税務署に提出)
給料を支払う場合に、小規模の事業所の場合に源泉徴収支払いの納期が有利になる
原則、給料支払いの来月に毎回支払うのが、半年に1回まとめて支払う事が可能になる
「納特」と略されて呼ばれるもの

・青色申告の承認申請書(板橋税務署に提出)
日々の仕訳をして決算時に決算書を作成し提出する事で、大きな節税になる
ただし、この青色申告で確定申告したい場合は、この承認申請書を予め提出する事が必要
法人ならば原則青色

・青色事業専従者給与に関する届出書(板橋税務署に提出)
家族など身内を従業員にして給料の支払いをする場合に必要、給料を経費に出来る

・社会保険加入(年金事務所)
従業員を雇い、社会保険加入要件に満たす場合に手続きが必要
法人である場合は、加入義務

・労働保険加入(池袋労働基準監督署)
従業員を雇い、雇用保険・労災保険の加入要件に満たす場合に手続きが必要

上司2

会社設立なんて難しくて、すごくお金が掛ると思っていたが、意外と設立費用は少なく始められるんだな…

部下A3

最低資本金額が無くなったので、資本金1円でも会社が作れます
昔と比べて敷居は低くなりました。 ただ事業運営は、もちろん簡単ではなく大変難しいものなのは今も昔も変わりません

Sponsored Link